占例5(Nさんの例)その2
2009-01-29 Thu 15:44
(つづき)

では、ご主人との関係はどうかと言うと、
ご主人を表すのは第7ハウスで土星です。
土星は、Nさんのコミュニケーションの問題を表す
第3ハウスにいます。
第3ハウスの星は水星で、これはご主人の第7ハウスに入っています。
そのためNさんのコミュニケーションは
ご主人にコントロールされやすい状態になっている
状況なのかもしれません。(ご主人の言いなり?)

うつの人には頑張らせてはいけない、と言われていたので
確かに言いなりになっていることもありますねぇ。
好きなものしか食べさせないし、必要なものを買いに行ったりしてます。
(不安と恐怖で外出が出来ないため)


ご主人の第7ハウスには、水星と木星と月が入っています。
それから考えられる本来のご主人の性格は、
知性的で頭が良く対人関係も良くて
同時に家庭的でとても大らかな温かい人のようですが
やや行き過ぎて過剰に相手を仕切ろうとする傾向があります。
また第7ハウスの星が土星ですから、相手のためと思って
かなり厳しく指導?してくることもあると思います。

夫は西洋占星術でおとめ座です。
おとめ座そのもの、の性格でものごとに厳しいです。
自分にも他人にも厳しい事を言います。
着いていけないので聞き流す事もあります。


この第7ハウスにしっかりNさんの月が入っていたということは
ご主人は、基本的にはNさんを大事に思っているという事でしょう。
ただ、ご主人の性格上その愛情が豊かすぎるのと、
Nさんに対しても、やもすれば土星の厳しさが出て
押さえつけてしまう傾向があるかもしれません。
(もしかしたら、ご主人から「だらしないから太るんだとか。」
 しつこく言われていませんでした?)

「運動をしなさい」とかよく言われます(笑)
でもしないのです。体動かすの苦手なのです。
夫よりも母に「太っていてみっともない」と
呪文のように長年言われ続けましたねぇ。


病気のところでも書きましたが、病気の第6ハウスの星「木星」は
ご主人の第7ハウスに入っています。
ご主人の星の土星もNさんに影響を与えています。
ご主人が善かれと思ってNさんに要求してくることは
Nさんもご主人の愛情だと思うだけに受け入れて(我慢して)
しまいます。
しかし、これこそがNさんにとっての肥満の原因のようです。

とにかく夫を受け入れなくてはならない、と思っていたので
受け入れられない自分が悪いのだ、と自分を責めるばかりでした。
いつも自分が満たされていないので、食べてしまうのですね。


ではこれまでの流れから導かれる事は、
Nさんの今の状況は、幼い頃からの両親の過干渉に始まって
今はご主人の過剰な愛情ゆえのコントロールを受け
Nさんも今までそれらを全て愛情として受け入れざるを得ないので
自分のペースで生きることができない状態になっていたようです。
そのためにホルモン系にもバランスの乱れば生じて肥満に繋がり、
同時に心臓にも問題が現れてきた可能性があります。

過干渉・・・。
私の人生はこの一言で集約されるような気がします。
自分のペースなど全く考えた事がありませんでした。

子供の頃から、人とのコミュニケーションとは相手の機嫌を取る事だ、
という生き方をしてきました。自分が怒られないようにしようと。
それは相手に失礼な事であると最近理解しました。
自分が何が好きで何がイヤなのかもよくわからなかったのです。
というか、それを考えた事も無かったのです。


Nさんの月がやぎ座にいて力が出せない事を始めに書きましたが、
現在はご主人の過干渉にあってご自分のエネルギーを
吸い取られているような状況にあるようです。
それで足りなくなったエネルギーを補給する感覚で
ついつい食事を取って補おうとしているのかもしれません。

家で夫と同じ空間にいるだけで、ものすごく消耗するのです。
とにかく外に出たくてたまらないのです。気分転換したいのです。
本当に離婚した方がいいのかしら、と考えた事もありました。


ただNさんの月とご主人の土星は幸運の角度を取っていますので、
本来二人の関係は良いはずです。
(ご主人の厳しいアドバイスも時にNさんには必要だったので
 だから言い返せなかったとか?)
今回の状況を解決するためにも肥満や健康問題の一番の原因である
ご主人の協力を得る事が必要ですし、協力は得られると出ています。
また、病気のサインもNさんの月と幸運の角度を取っているので
回復に向かっていくと出ています。

ああ、よかったー。
元気で暮らしていけることが一番です。
改善できるように動き出します。


元々ご主人はNさんを大切に思っていますが、
Nさんの問題は、周囲の過剰な愛情=過干渉が原因ですので、
ちゃんとした方向性がわかれば
ご主人も喜んで協力されるのではないでしょうか。
健康管理も含めよくお二人で話し合ってみて下さい。
(健康に関しては、一度きちんと病院で
検査されることをお勧めします。)

何で過干渉な人ばかり私の周りにいるのかしら。もうっ。
そういう人を引き寄せる私に何か問題があるのかもしれないですね。
これからは自分のやりたいことをよく意識しようと思います。


以上です。
いかがでしたか?
なかなかしんどい状況に囲まれていましたね。

Nさんがご自身のペースを取り戻す事が
全ての解決に繋がると思いますが、
行動し始める時が一番大変かもしれません。
体のこともありますし、無理せず進めていきましょう。

この度は、ありがとうございました。

・・・驚愕です。

なぜあれだけの個人データでこんな事が分かるのでしょう!!
ほとんど思い当たる事ばかりです。
そして、あー、私はこういう風に言ってほしかったのだ、
ということが書いてあって、自分の深いところで納得した感じです。

予想以上に自分の深いところまで読まれてしまって驚きました。
何となくモヤモヤしていたのが明確になった感じもあります。

もう一つ感じた事はrindenさんを通して、
私のことを知っている、見ている存在があるのだなーと実感しました。
ハイヤーセルフとか守護存在とか神様とかがいるのだ、と思ってしまいました。
今までこんなにしっかり思うことは無かったのですけど。不思議です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ご主人の過干渉の原因は、
行き過ぎたNさんへの愛?かと思いましたが、
鬱による不安が原因だったようですね。

今回は、珍しい占例だと思います。
質問内容がかなり抽象的でしたから、
もしかしたら結果が出ないかもしれないと思いました。
しかし、Nさんご自身が解決に向けて真剣だったために
ホラリーも答えてくれた例のようでした。
ハイヤーセルフの働きかけもあったかもしれませんが
やはりNさんの意志がいろんなサポートを
動かしていったのではないでしょうか。

Nさん、モニターになって頂いてありがとうございました。


※今回はたまたま結果が出ましたが、
 抽象的な内容の場合結果が出ない例もあります。
 それでも、もし、このような全体から見た占いを
 ご希望の方がいらっしゃいましたらご相談下さい。
 こちらはホロスコープの内容をお伝えするだけですが
 現状をありのまま受け入れ何とかしようと
 思われる方にはお勧めです。
 (※あまり抽象的すぎる質問内容だと無理ですが…。)
 5000円で受けさせて頂きたいと思います。
別窓 | 占例 | コメント:0
占例5(Nさんの例)その1
2009-01-29 Thu 14:53
多方面から占うことになったNさんの例です。

ホラリー占星術ではあまり行わないパターンですし
どのような結果が出るか分かりませんでしたが
今回特別に占ってみました。

当初の質問内容も
「私が痩せられないのはどうしてか。長年肥満体型で
痩せたいと思っていながらどんどん食べてしまうのです。」
と複雑でしたので、Nさんと話し合ってまとめさせて頂きました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

質問内容「私が痩せられない原因はなにか?」

結果「身内からの強い断続的な過干渉が元々の原因のようです。」
  (同時に健康に問題がある可能性もあり)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回、Nさんを表す第1ハウスの星は月です。

月は母性の表れというように、Nさんは母性的で家庭的な方ですが
やや不安定な一面もあります。
Nさんを表す月は第7ハウスのやぎ座にいます。
月がやぎ座に位置する時、本来のかに座の位置と真逆になり
月の力が非常に弱ってしまいます。
現在、Nさんの本来の力がかなり落ちている状態のようです。

肥満は体の事でありますので、まず病気の有無から見ていきました。

その場合、月が第1ハウスの星のときは、
健康に問題があるサインになります。
また、病気を占うのは第6ハウスを使用しますが、
この第6ハウスに不運の星の冥王星があること、
同じ不運の星で病気(トラブル)のサインになる火星が入っているので
やはり何らか健康に問題を抱えている暗示です。

その第6ハウスを表す星は木星で、
木星はご主人を表す第7ハウスに入っています。
病気の一因はご主人にある可能性があります。
(これについては後から書きますね。)
ただ、Nさんの『月』と病気の『木星』の間には
影響し合う星の角度はありませんので悪化していくことは無いようです。

夫は2005年からうつ、強迫神経症などで休職しております。
いつも「死にたい」とか「生きているのがイヤだ」などと言っていて
それに対応するのが大変です。
一昨年ごろは夫の体調がひどくて、気持ちの休まるヒマがありませんでした。
もともと、夫はものすごい神経質だったのですが
どんどんエスカレートしてひとりでは外出もできません。
自分の時間が奪われていっしょにいるのがものすごいストレスです。


では、体のどこに不調があるのでしょうか。
第6ハウス内には火星の他に、冥王星、太陽があり、
すべてやぎ座の位置で互いに重なって影響し合っています。
(また、ハウスは変わりますが、Nさんの月、
病気のハウスの星の木星もすべてやぎ座に集中しています。)
すべてがやぎ座にあるということは、
うつ状態にあることも意味しています。

あーーーーー、そうなのかぁーーーーーーー。

たしかに私はうつ状態だと言えますね。
夫のことばかり考えていたので自分の事がまったく見えていなかったです。
荷物が重くて生きるのが大変です。
でも夫だけが原因ではないようです。


太陽は先天的、体質的な症状も表していて、
(元々太りやすい体質はあったかもしれません。)
同時に心臓とその周辺を表しています。
また、火星は炎症や速い脈を、
冥王星は潜在的な病気を表す星です。

この冥王星は、今回は第5ハウスを表す星ですが
ハウスから病気を判断する方法からみて、
第5ハウスは心臓を指していますので、
やはり心臓に負担がかかっている状態のようです。
(火星との組み合わせで不整脈とか含め)
(冥王星は他に性に関する病気も考えられます。
 第5ハウスはさそり座で、さそり座は生殖器官の問題も表しますので、
 女性ホルモン系のバランスも乱れている可能性があります。=過食)

そして太陽は、今回は第2から第3ハウスにかけてを表す星になるので、
首から胸にかけての問題もあると出ています。
(首に甲状腺がありますので、それの異常があるかも!?=肥満)
とくに胸を洗わす第3ハウスには慢性疾患を表す土星も入っています。
つまり長い間Nさんは、潜在的なうつ状態にあって
心臓やホルモン系の不調もあった可能性があります。

しかしこの土星に関しては、Nさん月と幸運の角度を取っていますから
問題は大きくならないように思います。

心臓・・8年間、高血圧で治療中です。
婦人科・・9月から生理が止まったので病院へ行きました。
検査でホルモンバランスが悪いのが分かり、様子を見ていましたが、
先日ifさんの絵を注文したら、生理が来たところです。

首や胸には思い当たる事は無いですが、
甲状腺は気になるので年が明けたら調べてみる事にします。


では、肥満や心臓などの病気は体の問題だけでなく
心からも影響を受けますのでNさんの環境を見ていきました。

まず親子関係ですが、父親を表す第10ハウスの星は火星です。
第10ハウスはインターセプトという狭量さや障害を表す
サインが出ています。
お父さんの性格は元気がいいのですが視野が狭く短気で
衝動的なタイプのようです。
また、お父さんから見た子ども(Nさん)を表すのは第2ハウスで、
このハウスの星は太陽。これも病気のハウスに入っていた星です。
お父さんに関係する星2つが先ほどの第6ハウスに入っていたのは、
病気の原因の一つはお父さんにあるようです。

父は8年前、脳梗塞で倒れました。
その頃から私は高血圧で治療を始めました。


では、お母さんとの関係はどうでしょうか。

母親を表すのは第4ハウスでその星は金星です。
今回金星自体は病気の第6ハウスには入っていませんが、
お母さんから見た子ども(Nさん)を表す第8ハウスに
金星が海王星と重なってしっかり入っていています。
また、そのハウスに逆行する星があること、
その第8ハウスの星が天王星であること、
母親の第4ハウスにもインターセプトが出ていたことからみて
お母さんは基本愛情深いのですが、お父さんと違った意味で視野が狭く
Nさんに対してかなり強引な干渉をするかと思えば
気分で遠ざけたりするなどNさんを振り回すタイプのようです。
ただ、Nさんとお母さんとの仲は悪くないようです。

母との関係はまさにそのとおりです。
強引な干渉、気分屋なところ、視野の狭さ(自分だけが正しい、言う事をきけ)。
母の性格を見事に言い当てています。愛情深いところも確かにあります。

私は物心ついたときから、母の顔色を伺い、機嫌を伺う子どもでした。
母が恐ろしかったので強力な支配下にあったのです。
気分屋の母がいつ怒り出すのか、びくびくしていました。
自分を主張する事はなかなか出来ませんでした。
泣くとまた怒られるし。すっかり泣けない人になってしまいました。

母の言うとおりに行動してきたものですから
いつも悲しさと苦しさがあって、夢も希望もなく
またそれで普通だと思っていたのです。


お父さんの火星とお母さんの金星とNさんとは、
今は影響し合う角度になっていない事から、
状況の悪化には繋がらないようです。
これは結婚されたので以前よりも影響が減ったという事を
表しているのかもしれません。

家にいるのが苦痛で家から出たくて結婚した所もあります。
家から出て本当にのびのびしました。
距離を置いた事で母と食事に行ったり、お芝居にいったりすることも
出来るようになりました。


(その2につづく)
別窓 | 占例 | コメント:0
同じような時間帯に質問したら?
2009-01-20 Tue 15:18
同じ場所にいて、同じ時間帯で質問内容が浮かんだ場合、

同じようなホロスコープになるんじゃないかと

気になる人もいると思います。

・・・確かにそう思われますよね。

実際、同じようなホロスコープが出来上がります。

しかしそのような場合は、

占うハウスが変わってくるので大丈夫なようです。

それぞれの質問内容に沿ったハウスを順に使って占えば、

同じ星でも別の面の見方で状況を捉えますので

やはり、その質問に沿った結果が出てくるようです。


・・・と、ここからは私個人の感想ですが、

同じような時間帯に浮かんだ複数の質問は、

何か共通の事項を含んでいるように感じます。

そして、複数の質問のうちどれかが、

一番根本になる結果を含んでいる事もあるようです。

もちろん、複数の質問のそれぞれは、

依頼者さんにとって大切な質問であるのは間違いありません。

私も依頼者さんの潜在意識が示したホロスコープで

絡まって見え難くなっている状況を

整理していく協力が出来れば良いなと思っています。

別窓 | ホラリー占星術 | コメント:0
占例4(みつきさんの例)
2009-01-12 Mon 17:35
Still Delight 」のみつきさんがモニター応募してくれました。

行政書士の勉強をされていますが、
その資格試験をとるか躊躇されていたそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
質問内容「行政書士の勉強を試験を目指したものに切り替えるべきか」

結果「行政書士に限らず、試験を目指した勉強をすることは良いようです。」
   (つまり行政書士の勉強を試験に向けて切り替えるのも良い。)


第1ハウスは質問者のハウスです。
そのハウスの星は月で、これが今回みつきさんを表す星です。
この第1ハウスには逆行している星も入っているので
今、体力気力とも減退していることを現しています。
本来みつきさんは想像力豊かで母性的な方ですが
少し不安定になっているようです。

そうですね。
想像力(妄想力?)がある分、
良くないことを考えるとどん詰まりまで行ってしまうので
意図的に切り替える努力をしています。
自分が月の影響を受けやすい(満月に出産とか)のは
何となく自覚していましたが、はっきりと出ていて驚きました。

現在、色々と懸念材料はあります。
先の見えないはっきりとしない状況が続いていますから不安定ですね。
そして山積みになっているこの懸案材料を
少しでも捌けるかもしれないと思いついて勉強を開始したわけですが、
その辺りもしっかりと表われてましたね。


月は、労働や職場を現す第6ハウスに入っています。
現在みつきさんが仕事を考えている姿のようです。

では、まず今回学んでいる行政書士の勉強がみつきさんにとって
どんな意味があるかを見てみます。

大学以上の学問を表すのは第9ハウスで、ハウスの星は海王星です。
海王星は、保険や結婚後の財政などを表す第8ハウスの中で、
行政書士の仕事も意味する第4ハウスと
願望成就を現す第11ハウスの共通する星でもある
金星と重なって入っています。
ここ第8ハウスの星の天王星は、第9ハウスに入っています。

海王星と金星を抱えている第8ハウスと
第9ハウスの天王星を合わせた状況をみると
みつきさんが今回勉強を始めた理由は、
ハッキリしないお金の状況をなんとかしたいと考えていたところ
先々の保険になると急に思いついて行政書士の勉強を始めたようです。
ただ、その海王星と金星は、
第1ハウス内の逆行する星と150°の角度を取っていて、
同時に別の位置にある土星とも向きを変えて150°の角度を取っていますので
この件が緊張や調整すべき試練を含んだ問題であることを現しています。
(※注 150°という角度は、その角度を取る星の間で
『緊張と調整が必要なことがある。』といった意味が出てきます。)


その通りですね。
今は専業主婦をしていて収入がなく、
離婚するにしても主人の収入では慰謝料は
勿論、養育費すら微妙です。
これまで私自身と子供に掛かる費用は私が負担してきましたが、
離婚後の費用負担が増える生活を考えると
現在の貯金残高では難しい状況にあります。
しかし仕事を探すといっても特にアピールするに秀でたものもなく、
仕事そのものも離れて以来8年経ちます。
離婚後に子供二人を養えるだけの収入を
コンスタントに見込める仕事に就くには
やはり何らかの資格を得ておく方がよいかもしれない、
と考えていました。

現在、確かに一番に身に付けたいのは論理力ではあります。
ただ単純に論理力獲得を目指すのであれば他の手段もあったわけですから、
論理力獲得、あわよくば資格取得、と思ってました。
しかしやはり「受かるための勉強」に切り替えるには
抵抗があり…という点でジレンマに陥ってました。

緊張や調整すべき試練、というのは恐らく
私自身の性質によるものが大きいと思います。
自分を追い詰めやすいので「資格取得を目指す!」と
打ち出してしまうと多分胃に穴が開く勢いで
倒れるまで勉強をすると思います。
資格所得の「あわよくば」は追い詰めスイッチの
導線に巻いた絶縁体の役割をしています。
通電してしまうと主婦の仕事に影響が出る、
ということなんでしょうね。
主婦の仕事がおざなりになれば家庭に緊張が走ります。
これを調整するというのが試練なんでしょうね。


第9ハウスに関わる星とみつきさんの月の関係で、
金星(金運)・海王星(勉強)の方は
まだ良くも悪くも影響が出る関係に至っていませんが
天王星(保険他)は月と幸運の角度を取っていますので、
「行政書士の勉強」がみつきさんにとって
どのような意味があるかまだハッキリしなくても、
今後何かあった時の収入に繋がる資格を取る点ではOKなようです。
(行政書士の仕事がみつきさんに合っているかまだよく分かりません。
しかし、仕事に繋がる何らかの勉強は良いようです。)

これは「論理力獲得」についてかな、と思いました。
勉強を通して基礎として必要な論理力や解析力を
身につけることができれば応用に生かせるでしょうし、
物理的にも他の法律系資格取得を目指すのであれば
得た知識がそのまま役立ちますね。


勉強についての問題の結果は、第12ハウスで見ます。
このハウスは、あまり表に出したくない事を占うハウスで
ハウスの星「水星」です。

この第12ハウスには幸運のサイン(POF)があり、
勉強の結果としてなんらか良い結果がもたらされるサインが出ています。
しかし、POFサインはみつきさんの月とは真逆の位置になっていますので
勉強をした結果が、みつきさんの問題を浮き上がらせたり
本音の部分を露にさせる出来事もありそうです。
また、第12ハウスを現す水星は、みつきさんの月と重なって
労働を現す第6ハウスに入っていますので、
これからの仕事が何らかの問題を含みつつも
みつきさんに知性や新しい対人面の変化をもたらすようです。

論理力を得ることでこれまで自分の中にある意識できなかったことが
意識できるようになる、ということかな、と思います。
今現在は点在していてまとめることの出来ない
問題の核をはっきりと認識できるようになる。
点在する問題を貫く核を認識することで
これまで見えなかった本音が見えるようになる…と解釈しました。

本音が見えれば、意思や指向も変わります。
違う突破口を発見して行政書士(もしくは資格取得)に
拘らなくなる可能性がありますね。
その結果として知性面や対人面が変化するということなのかな、
と思います。


今回この試験を目指した勉強に切り替えるかどうかですが、
資格を取るという事に繋がるのでキャリアや仕事を占ってみます。

仕事を現す第6ハウスには、先ほどのみつきさんの月や
勉強の結果の第12ハウスの水星、
仕事について占う第6ハウス自身の星(木星)、
未来の問題について占う第2ハウスの星(太陽)、
キャリアなどについて占う第10ハウスの星(火星)、
恋愛や楽しみについて占う第5ハウスの星(冥王星)の
6つの星がひしめいています。
(水星は、勉強の結果の星だけでなく、再会やコミュニケーションの
第3ハウスの星でもあります。)

ぎっちりつまってますねー。
半分?

(半分ですw)

つまり、みつきさんにとってこれから働く仕事(職場)は、
これからのご自分の展望や未来、キャリア、出会い、恋愛なども含めた
すべての問題に繋がるようです。
(それらは星の性格から見て、幸せな対人関係や明るい未来、
波乱含みながらも突破すべきこととして現れていています。)

ただ、第6ハウスに入る星でみつきさんの月と関係が出てくる星は、
水星以外互いに影響し合う星の角度はありません。
これは、まだ実際に働いていないからかもしれませんが、
いろんな課題を含みつつもこれから動き出す事項みたいです。

一気に動き出す、ということかもしれませんね。
面白いです。
本線に隠れて伏線が沢山張られてるという状態かな。
本線が進むと繋がった線が引っ張られて表出に向かう。
本線に繋がる線のそれぞれの長さにあわせて表出する時期がばらける、
というイメージですね。


また第6ハウス内のみつきさんの月が位置する星座はやぎ座です。
それは本来のかに座と真逆の位置で
月本来の力が弱っている状態にある事を意味しています。
仕事に関わる事いろいろを抱えている状況なのに
その問題に当たるみつきさん自身は本来の力が
発揮できない状態であることを現しているようです。

そうですね。
今現在の状況は物理的、時期的にかなりの制約があります。
資格取得はそういった制限の中でできることを探っていって
残った選択肢でもあります。
やがて来る春を待つ冬にある、という感じですね。
思うように動けない窮屈な状態ですが、
動けるようになる日に備えてできることをしている状態です。
第1ハウスの月の説明に不安定という言葉がありましたが、
この辺りの窮屈さで精神的に磨耗してもいるのかもしれません。


しかし、みつきさんの月は試練を現す土星とは幸運の角度があり、
同時に第1ハウスの逆行する星と150°の角度も取っていますので
みつきさんにとっての仕事に関わる問題は、
緊張と調整が必要な事が多く乗り越えるべき試練を含みつつも
勤勉に取り組めば良い結果に至るということを現しています。

良かったー。
ほっとしました。


まとめますと、現在のみつきさんは、
思ったような生き方ができない状況が多々ありますが、
勉強をする自体は、試験抜きにいろんな面で学ぶ事は
多くありますので良いようです。
しかし、勉強のみでなく仕事へと繋がる可能性を持つ試験を目指した場合、
今以上にいろんな変化に伴う緊張や調整を強いられて、
それがまた更に自分を厳しい状態に向かわせる可能性もありますが、
たいへんなりに地道に乗り越えていくと
現状を変えていく力に繋がると出ていますので、
やはり試験を目指した勉強をすることは良いようです。
(勉強内容は行政書士の勉強に限定しなくても良いようです。)

なるほど。
そうですね。
今は行政書士資格だけに絞り込まずに、
状況を俯瞰しつつこつこつ勉強をすることにします。
ほっとしました。

緊張や調整に関しての自律は実務に入ってからも
必要なことだと思いますので、
その辺を特に気をつけてやっていこうと思います。
私は現実や事実に向き合う力が弱いので、
勉強を通して考えるあれこれや浮上する問題でそこを鍛えろ、
ということなのかもしれません。

法律の勉強をしていて思うのは、
法治国家といっても国を支えるのは法律ではなく国民の精神であり、
法律そのものがその精神に拠って作られているということです。
日本人としての精神性(慣習)に頼るような記述がちょくちょく見られ、
ダイレクトに己の資質を問われているような気がします。
考え込んで勉強の手が止まることもありますが、
これが私にとっては必要なことなのかもしれません。


以上です。

如何でしたか?
なんだかややこしい感じになってしまいました。
判らない点は質問して下さいね。

ありがとうございました。
すごく参考になりました。
的確で文章も分かりやすかったです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらこそ、ありがとうございました。

みつきさんには、補足結果も必要と思い
後日追加で送っています。

みつきさんの例のように、
質問内容によっては補足をするときもあります。

とはいえ、それが必要でない方がほとんどですね。
別窓 | 占例 | コメント:0
ホラリー占星術について
2009-01-10 Sat 21:15
ホラリー占星術は、質問者の生まれた日時は要らない占いです。

前にも説明しましたが、

質問を思いついた時間と場所があれば占えます。

また、ホラリーを占っていて思うのですが、

どこかカモワンタロットなどに似ているようです。


ホラリーのホロスコープは、

質問者が質問を思いついたその瞬間を切り取るかのように

その時の潜在意識や状況などがホロスコープ上に表れます。

だから、状況や考え方が変われば、

カモワンタロットの結果のようにホロスコープも変化していきます。

うまくいかない結果が出ても、

やり方や考え方を変えれば、好ましい結果に向かうこともあります。


そう考えると、生まれた日時で占う星占いは、

粗方決まった宿命を見ていくような占いですが、

ホラリー占星術は、いくらでも変更可能な人生と同じで、

その時点の潜在意識を整理するためのように感じます。


とはいえ、占っていて驚くことは、

潜在意識というものが本人には思いもつかないほど

深く広くいろんなことに繋がっているということです。

すべて「気」で繋がっていると聞いたことがありますが、

ホラリーの結果を見るにつけ、それを実感するのです。

ホラリー占星術で失せものの場所がわかるとか

見えない世界のことなどが占えるのも

そういったことなんでしょうね。

別窓 | ホラリー占星術 | コメント:0
占例3(占わない方が良い例)
2009-01-09 Fri 21:34
ホラリー占星術の依頼があって
いざホロスコープを作ってみたら
占わない方が良い状態になっているときがあります。

それはホロスコープの第7ハウスとは関係しない質問で、
第7ハウスに土星が入っているときです。

また、質問の内容のハウスに当てはまる星が入っていないなど
ホロスコープがチグハグになっているときもあります。

そのような時は占うことをお断りするか
ご希望があれば分かる範囲の現状をお伝えします。

今回モニターになって頂いたスッピンAさんもそうでした。

質問内容は、
「企業とスクールとのカウンセラーが、
同時に希望の日数で働ける募集があるか。」でした。

しかし、占えないサインが出ましたので以下の文を送りました。

********************************

占いについてサイトに説明していたと思いますが、
実は今回、「今は占わない方は良い」星の配置がされていまして、
占えない状態のホロスコープになりました。

とりあえず占えるか見てみましたが、
現状だけは出てくるもののやはり難しそうでした。
どうも質問内容の結論に行き着かないようです。

このような場合、申し訳ありませんが
依頼をお断りさせて頂いています。


このような配置になった場合、
以前無理矢理読んでみた経験も含めて思うのですが、
質問内容を占う以前に、すでに心を占領している問題があって
そちらの事と混在した状態のホロスコープになっている可能性と
質問した事に対して依頼者本人がそこまで真剣さがないなどがあります。
(※答えを求めていない・・・などです。)

今回の場合、願望が多すぎる状態と夫婦間の問題?のような
キーワードが出ました。

***********************************

この内容をお伝えしましたら
現状だけでも読み解くことになりました。

そして、やはり質問に絡む他の気になることがあったので
結果が出ないホロスコープになったようでした。

スッピンAさん、ありがとうございました。

別窓 | 占例 | コメント:0
占例2(みっこさんの例)
2009-01-06 Tue 11:46
生まれてこのかた、男性と付き合った事がないというみっこさん。

「ここ2年位で意識が変わってきたら、声をかけられ たり
誘われる事も多くなりましたが、なかなか彼氏はまだ出来ません。
近い将来、現れるでしょうか?」との依頼でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

質問内容「なかなか彼氏はまだ出来ません。
     近い将来、現れるでしょうか?」

結果「今はまだ彼が出来る時期に至っていないようです。」


第1ハウスは質問者のハウスです。
今回そのハウスの星は太陽で、これがみっこさんを示す星になります。
みっこさんの太陽は、恋愛について占う第5ハウスにしっかり入っていて
今回の質問が恋愛についてであることを示しています。

この第1ハウスには試練や困難の星である
不運の星の土星が入って います。
実は、ホロスコープを読み解く以前に、
第1ハウスに土星が入って いる時は
質問者(みっこさん)の望みはかなわないと言われています。
どうも今はまだその時期でないようです。

しかし、それで占いを終わるのもなんですから、
現在の状況を見てみます。

恋愛について占うのは第5ハウスでしたが、
このハウスと願望成就の第11ハウスは
インターセプトという状態になっていますので、
願望=恋愛は、何らかの邪魔が入り達成が遅れる事を示しています。
また第5ハウスの星は土星ですが、太陽とは影響を与え合う角度に
至っていません。
つまり、彼ができる縁がまだないということのようです。
(この第5ハウスの星の土星が、第1ハウスに
 入っていたという事です。)

第5ハウスにいるみっこさんの太陽は、火星と冥王星と重なっていますので
みっこさんが思い切った行動で彼を作ろうかなんて
考えているようで もあります。
(火星と冥王星は、どのハウスにも属さない星です。)
また同じハウス内には、太陽は火星と冥王星以外にも
少し離れて近い未来を現す第3ハウスの星(水星)、
願望成就をあらわす第11ハウスの星(月)、
とくにハウスに属さない幸運の星の木星の3つが重なっています。
それから考えるに、みっこさんの理想の恋愛相手は、
知性的で心が広く家庭的な男性がいいなと思っているようです。

では恋愛の問題についての結果を示す第8ハウスを見てみます。
第8ハウスを表すのは海王星です。
海王星は、職場や仕事などを表す第6ハウスに
金星と重なって入っています。
(金星はどのハウスにも属していません。)
第6ハウスは職場や仕事を示すハウスですが、
そのハウスには逆行する星があり、うまくいかない状況を示し、
また、恋愛を示す金星とつかみ所の無さを示す海王星から
みっこさんご自身、彼が欲しい気持ちばかり焦っていますが
恋愛は捕らえ所が無くうまくいかないものと思っているところがあり、
また、まだ恋愛に対し「~~しなくてはならない」感覚が強く、
ワクワクするような楽しさを感じない状態なのかもしれません。


これらの事をまとめますと、みっこさんは彼が欲しいと焦っているし、
理想の彼氏像を思い浮かべるまでにはなりはしましたが、
実際は、恋愛自体には乗り気でないようです。
それは潜在的に彼ができる事をまだ望んでいない、
つまり、そのせいで今は彼ができないということのようです。

以上です。
いかがでしたか?

これは現在の状態を表すので、みっこさんの意識や状況が変われば
またホロスコープも違う形になってきます。
良い人との未来での出会いを
リラックスして待つのもいいかもしれません。

★明けましておめでとうございます。
占星術の結果、読みました。
どうもありがとうございました(^^)

「実際には、まだ恋愛に乗り気ではない」
というのは少しびっくりしました。
いつもまわりの友人などには彼氏が出来ない事について
「全然焦ってないよ」と言い、のほほんとした態度を
とっていますが(←かっこ悪ぅ)内情としてはかなり焦っていて
時にイライラしたりブルーになってしまう位なんですが‥。
rindenさんからのメールを読んで、私は自分の中の本当の気持ちを
ちゃんと見つめてないのだな、と感じました。

対外的には恋愛に焦っていないと装っている

しかし内心は彼が欲しいのに出来ないと焦っている

しかし潜在意識ではまだ恋愛を望んでいない

自分の事ながら面白い、というか不思議です^^;
習慣的に自分の本当の気持ちに何重にも
フタをして見ないようにしているのかもしれません
(この問題に限らず)
rindenさんがおっしゃるように
リラックスして、自分ともっと対話するように
しようと思います。
それと、理想像として「知性的で心が広く家庭的」
というのは当たってます(*^_^*)

丁寧な鑑定結果で満足です。
今回は本当にありがとうございました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ありがとうございました。

熟した果実が自然と落ちるように
みっこさんにいつか素敵な出会いが訪れるといいですね(^^*

別窓 | 占例 | コメント:0
占例1(ちゆさんの例)
2009-01-04 Sun 17:11
現在、派遣会社に所属して働いているちゆさんです。
現在の派遣場所が今年3月までの契約なので
契約が終わってからの事をどうするか依頼がありました。
(黄色字はちゆさん)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*質問内容*
「近い未来(3月)今の職場(派遣)に残るべきか
 転職すべきか?」

*結果*
「とりあえず今は派遣のままでも良いでしょう。」


今回、ちゆさんを表す第1ハウスの星は「太陽」です。
このハウスには幸運のサインが見られます。
太陽は第5ハウスにいて、月と火星と冥王星が重なっています。

それから考えられるちゆさんの性格は、
決断力があり大胆でエネルギッシュな方ですが
今の不安定な状況(派遣の仕事?が)をなんとか
打開したいと考えているようです。
また、ちゆさんがいるハウスや星座から判断される
ちゆさんの仕事に対する姿勢から見ても
運が強く積極的で粘り強い性格と出ていますので
ちゆさん自身とても熱心に仕事をこなす方のようです。

そんなちゆさんの星「太陽」は、
恋や娯楽を含めた個人的な楽しみを表す第5ハウスに入っています。
この第5ハウスの星は大幸運の「木星」で、ちゆさんがいる第5ハウスと
労働(職場)を表す第6ハウスの境目に入っています。
それは、ちゆさんにとって今の職場がそれなりに良い面が多く
今の仕事を目一杯楽しんでいることを表しているようです。

今の労働や職場の問題を表す第6ハウスの星は「土星」です。
この星は、制限や困難、忍耐や試練を表す不運の星で、
ちゆさんの近い未来の問題を表す第2ハウスに入っています。
それが、今の仕事で抱えている未来への問題(在職か転職かなど)を
暗示しているようです。

その第2ハウスの星は「水星」ですが、
この水星はちゆさんのいる第5ハウスに入っていて
これも未来の問題が今のちゆさんがやっていること(派遣?)に
深く関わっている事を表しています。
(水星は知性やコミュニケーション、対人関係などを表します。
ちゆさんは人と新しく出会ってチャレンジしていく
今の派遣の仕事が好きなのようですね。)

この水星は土星(第6ハウスの星)との間に幸運の角度がありますので、
未来の問題に土星の試練はあっても、ちゆさんにとって
なんらかの良い影響を与えるようです。

そしてこの土星は木星(第5ハウスの星)との間にも幸運の角度を取っており、
今やっていること(派遣?)がたいへん(試練)ながらも
ちゆさんに幸運をもたらしていると暗示しています。

では実際、今の職場(労働)はどうかいえば、
職場の第5ハウスには木星の影響で幸運な面が多いのですが、
同時に海王星と金星、逆行する星も入っていますので、
楽しいけれどやや出費がかさむ(収入が少ない?)状態でもあるようです。

では単純に転職について見てみます。

転職の問題を占う時は、第10ハウスを見るのですが
そのハウスの星は金星で、現在の職場の第6ハウスに入っています。
この星の金星とちゆさんの太陽との関係を見ると
現在は良いとも悪いともいえる関係はありません。
(金運との関わりで判断すると今は転職してもあまり変わらない。)
しかも太陽(残る)と金星(転職)を比べると、
太陽がいる場所の影響の方が強く転職には向かないと出ています。

ちゆさんの願望成就を表す第11ハウスの星も水星で、
ちゆさんのいる第5ハウスに入っています。
(やはりこの派遣の仕事を続けたいのが本音?)

この水星とちゆさんの星「太陽」との関係は、
今は互いに何も影響し合わない角度になっています。
しかし、すぐにではありませんが
先々互いの距離が縮まり重なっていくので
良い星の影響を与え合う関係になりそうです。
(つまりちゆさんが好きな、人とのコミュニケーションや
自由な動きが出来る良い場所に就職をしたいという願望が成就する!?)

また、水星(未来、願望)と金星(転職)は、今は互いの影響はありませんが
水星が徐々に近づくので、先々金星とも幸運の角度を取る可能性があります。
(つまり、良い転職先が先々になると出会う可能性があります。)
(そのとき金星が金運も表すようになるので金運アップになる可能性あり)

近い未来の解決を表すのは、第2ハウスから4番目の第5ハウスになります。
つまり現在ちゆさんがいるところで、やはりちゆさんが今やっている事に
解決するヒントがあるようです。

これらをまとめて考えますと、
ちゆさんは、現在どこか不安定な派遣の仕事なので、
今の職場の派遣期間が切れた後にきちんとした就職をして
安定した組織の中に入っていった方が良いのでは?と迷っているようです。
しかしちゆさん自身、前向きでパワフル、いろんなことを学びながら
どんどん先に進んでいくタイプのようなので、
実際は派遣が不安定でも働く場所が次々に変わっても、
その度いろんな人と出会って新たにチャレンジしていける
今の仕事がかえって好きなようです。
それで、とりあえず派遣をそのまま続けて、
先々ちゆさんの前向きな生き方に適した職場、
楽しんでいける職種を探してみるのもいいかもしれません。
(もちろん3月までにちゆさんに適した職場が見つかれば、それもOKです。)

今は収入の面など厳しいこともあるでしょうが、
ちゆさん自身は運が強そうですし、
先々、収入や仕事の星それぞれで幸運の角度を取り始める時期が来そうなので、
楽しく前向きに学びながら今の派遣を続けていくと、
その経験を目一杯生かしていける機会がやってくる暗示がありました。

以上です。


こんな感じになりました。
一番驚いたのは、ちゆさんがいる場所はハッキリ言って遊びの場所なんですw

☆今の職場は本当にそんな感じなんです。
 同年代が多いせいなのもありますが、学生の頃に戻ったような感じがします。


でも見ていくうちに、ちゆさんが今の仕事をワクワクしながら
こなしているからなんだと思えました。

☆それにしても、収入面や現在の悩み(安定した職に就くべきか?)なども
話してなくてもわかってしまうんですね! 
そこまでわかってしまうなんてすごいです。
確かに収入は少ないですし、派遣という不安定な状態なので
そろそろ転職すべきでは?と考えてました。
でも、このまま前向きに仕事を続けていれば、
いい就職先も後々出てくる可能性もあるとのことなので、
安心しました。 
未来の問題の解決のヒントが今いるところ(今やっていること)にある、
ということですが・・・・なんでしょう。
(最近、コミュニケーションに関するメッセージを頂いたので
それかなと思うのですが・・・)


今回、ちゆさんに多く現れた「水星」が
知性やコミュニケーションを司る星であり、
同時に好奇心や適応能力なども表しますので、
今やっている派遣の世界でも活き活き進んで行けますし、
また、転職の際もその才能を生かせる職場探しをすると
良いのではないかと思いました。

☆それと、もう1つ気になったのが第5ハウスのことです。
第6ハウスが労働などの仕事を表しているんだとしたら、
第5ハウスは何でしょうか?(これも仕事でしょうか?)

第5ハウスの木星は近い未来の問題や願望成就などに出てきますが、
第5ハウスは"恋や娯楽などの個人的な楽しみを表す"とあったので・・・
第5ハウスの個人的な楽しみというのが、
ヒントということになるんでしょうか?


第6ハウスの特徴の一部に
「労働、社員、職場、不快な仕事」といったものがあります。
今回、ちゆさんが働いている場所が第6ハウスで現れていたのは
推測ですが、期間が短いためにイベント的な楽しさを抱えて働いていたから
第5ハウスで示されたのかなと思いました。

また、今回の木星は、近い未来の問題(第2ハウス)の
結論を表す第5ハウスの星でもありましたが
その木星がどこに入っているかがヒントになるのです。

木星は第5ハウスと第6ハウスのちょうど境のところにいました。
労働だけでなく遊びだけでもない仕事、
つまりこれから考えられるのは、趣味と実益を兼ねた仕事とか、
楽しくて労働(させられている)感覚が無いような職種を
今後探すポイントに考えてみては?という暗示なのかもしれませんし、
そういった意味で、今楽しく過ごしている仕事もヒントになるかもしれません。


☆ホラリー占星術、すごいですね。
生年月日etcがなくてもここまで詳しくわかってしまうなんて
不思議だなと思います。

☆第5ハウスについての説明で今後どのようにしようか、
というのが見えてきた気がします。
rindenさんのアドバイスにもあったコミュニケーションを
いかす方向も考えてみようと思います。
ありがとうございました☆


こちらこそありがとうございました。

別窓 | 占例 | コメント:0
明けましておめでとうございます。
2009-01-03 Sat 21:44
本年もよろしくお願い致します。


公開モニターも無事5名の皆さんが声を上げて下さいました。

本当にありがとうございました。


別窓 | ご挨拶 | コメント:0
| T r u t h & I n t e g r i t y ★ |