4月のメッセージ
2011-04-01 Fri 15:49
大震災が起きて、早くも3週間が経とうとしています。
死者・行方不明者も2万7千人以上にもなりました。
自衛隊を始め多くの人達が行方不明者の捜索と共に
がれきの撤去を少しずつ進めていますが、
津波で破壊された町並みは、あまりの広範囲に及ぶために
未だ手つかずになっている地域も多いと聞きます。
また、津波によって全てを無くしてしまった人や
福島第1原発の放射能汚染からの避難も含め、
避難所に頼らざるを得ない人達も未だ17万人以上もいるのです。

避難所もいろいろあって、数千人が避難した大規模の避難所や
少人数の避難所などいろいろあるようです。
そんな避難所の中には、被災当初からすぐに誰に言われることはなく
食べ物を探すグループ、暖を取るために燃やす物を探すグループなど分かれ、
一人一人自分がやれることを自主的に考え行動したので、
長く救援が入らない時期があったにも関わらず、
皆で力合わせて乗り越えられた避難所がありました。
また、少数ながら被災したペットを避難所内に受け入れた所もあり、
そんな避難所では受け入れられたペットたちのおかげで
地震や津波の恐怖に傷ついた心を癒されて、
辛い避難所生活に耐える力を得た人達もいました。

そのような避難所にいる人達は、
多くの方が明るく過ごされているようでした。
そこには苦境の中でも決して「我よし」にならず、
皆のために自分にできることを柔軟に考えられる
高い意識を持つ人が多かったのではないかと思います。
そして、普段から当たり前に心がけていたからこそ、
非常事態に直面しても冷静で必要な行動が取れたのではないでしょうか。

冷静で暴動を起こさないと外国から褒められるだけでなく、
それ以上のこともなにげなくやっている日本人は、
まだまだ捨てたもんじゃないと嬉しく思いました。
そして、私もまさかの非常事態時には、この人達のように速やかに動ける、
そんな人間になりたいと思えました。


それでは4月のメッセージです。

4月の運勢


4月のメッセージの続きを読む
別窓 | 今月のメッセージ | コメント:0
| T r u t h & I n t e g r i t y ★ |