「555」の続き〜母の病院選び〜
2013-02-26 Tue 17:17
先日、《「555」な出来事 その2》で私の母の病院選びについて
ホラリーで占った記事を書きました。

病院の多くの医師達は、「癌=悪」としか思えないようで、
癌を発見→切って捨てる(手術)or 叩き潰す(抗がん剤、放射線)の
マニュアルで考えるパターンが多いように思いました。
もちろん、母にも手術になるか、抗がん剤のみになるか、
現在微妙な状況だけれども、手術が出来るなら
ばっさり切ってしまった方が完治する可能性が高いと
思っているようです。

ちなみに母は、腫瘍がかなり大きいのに余命は出されていません。
医師も母の癌の性格を把握できていないため、
余命を出せない状況のように思われますし、
そのため治療方針も決めかねているように考えられます。
病院の治療に関してはそのような状況なので、
それでも少しでも人それぞれの状況に沿った
心ある治療ができる病院に縁を繋ぎたいと思い
星舟庵のゆみさんにもホラリーで占ったのと同じような内容+α を
占ってもらいました♪

依頼したのは以下の事です。

*F病院とG病院、
 どちらの病院が快適に過ごせて、生存率が高くなるか。
*母が病院治療する、しないのでは、どちらが長生きできそうか。

(※ 以下、ゆみさんの占い結果です。)

「555」の続き〜母の病院選び〜の続きを読む
別窓 | 考えたこと | コメント:4
「555」な出来事 その2
2013-02-19 Tue 21:17
母が肺がんになった理由。
まずは、タバコだろうと思います。
そして、本人の考え方でしょう。

母は悪い人じゃないし、人当たりも良く友人も多いけど、
どこか受け身なところがあります。
なので、こちらが良いと思って勧めて、それを本人も納得したことでも
後々何か思い通りにならない展開が来たら
「あんたのせいで・・・。」みたいな責任追及してくることもあり、
不都合があって、それを改善するために提案をしても、
やはり、母自身の責任で決めてもらう事が大事なので
強くは勧めないようにしています。

また、ウチの家族に何かイベント(出産や葬式、受験など)があるとき、
自分に嫌なことが起きると弱気になって愚痴を漏らします。
今回は、娘の受験ですが(苦笑)
なので、母は自分が不幸を被ってやるんだから、
そっちは上手く行くだろうとのこと。(=受験がw)
ま、実際のところ『だからどうした。』といった話です。

そいうえば、昔の私は
母に対して理由のわからない罪悪感を持っていました。
今思えば、「母の幸せを横取りしている」ニュアンスの言葉を
何かあるたび母が端々で吐くからだったのでしょう。
「幸せになってはいけない」呪縛をかけられていたということで、
こんな僻み根性を無意識に抱えているから、ま、しょうがないね母よ。
そりゃ癌にもなるかもね。
根っこはポジティブな人だから、
自分のトラブルを誰かの責任にしがちな辺りが変われば、
意外にあっという間に良くなるかもしれないと、
希望的な目で見ています。

「555」な出来事 その2の続きを読む
別窓 | ホラリー占星術 | コメント:0
「555」な出来事 その1
2013-02-18 Mon 01:46
「555」 
数字のメッセージによると、以下の意味になります。

「シートベルトをしっかり締めてください。
大きな人生の変化がやってくるからです。
この変化は「肯定的」「否定的」というふうに見るべきではありません。
なぜならすべての変化は人生の流れの自然の一部にすぎないのです。
この変化はあなたへの祈りへの応えかもしれません。
ですから心を静かにして自分自身を見つめ、感じ続けてください。」

・・・・・・・・・・・・・・・

ここ数ヶ月の間、外出すると必ず「555」や「55」など、
パッと目が行くとこれらの数字と遭遇していました。

実は私、この数字を頻繁に目にするようになった後、
ほとんどといって良いほど身内の誰かが大きい病気をしたり、
事故などのトラブルにも遭遇することが多いのです。
しかし、そのトラブルを解決する過程を通して、
いつも根深い問題が解決する流れに向かい、
良い方に転じて無事終わる結果になります。
そう考えると「555」は幸運の数字なんですが、
実際起きている事は、膿出しのような出来事付きなので、
「555」に遭遇すると、今度は何が起きるのかと
嫌だな〜とやっぱり緊張してしまいます。
とはいえ、やはり悩んだり考えていてもしょうがないので、
「その日」をそれなりに覚悟していました。

「555」な出来事 その1の続きを読む
別窓 | ホラリー占星術 | コメント:0
2013年2月のメッセージ
2013-02-01 Fri 17:10
2013年に入ったかと思えば、
あっという間に一ヶ月過ぎてしました。
大雪をもたらす寒波が頻繁に訪れる今年の冬模様に、
雪国の人達でさえたいへんな思いをされているとのことですが、
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

グダグダだった前ミンス政権時代に感じていた危機感は、
新政権がそれを払拭する勢いで諸問題に対応しているようです。
ただ、前政権の尻ぬぐいだけでなく、アルジェリアの人質事件や
尖閣諸島の問題など、さらに内外の問題が山積みになっていて、
日本の状況は、まるで今年の厳しい冬と重なっているように思えます。
厳しい冬を生き抜くには、冬と真摯に向き合っていく姿勢と
そこで生きる知恵が必要となりますが、
日本に立ちはだかる内外の諸問題を乗り越えるためには、
冬に向かうように、国民自身もそれらに真摯に向き合っていく覚悟が
求められているのではないでしょうか。
冬を乗り越えたとき、豊かな春が巡ってきます。
現在厳しい状況を抱えている日本人は、
大きく成長する機会を与えられているのかもしれません。

それでは、今月のメッセージです。
2013年2月の運勢

2013年2月のメッセージの続きを読む
別窓 | 今月のメッセージ | コメント:0
| T r u t h & I n t e g r i t y ★ |