FC2ブログ
29

50の坂と老い

考えたこと comment0 trackback(-)
最近老いについてを考える。
数年前は老いってどんなもんか、
頭ではなんとなく想像しても、
どうも体感できなかった。
でも、最近身内や知人に接していて、
微妙な老いへの変化を目にする事が増えたし、
私も自分の体力や集中力とかが
わずかずつ落ちてきている気配を感じ、
最近「これか!」と体感するときも(汗)
おまけに50の坂の重要課題真っ最中という
たいへんな今日この頃。

そして、皆さん、体は若い頃と違う自覚あるけど、
会話の内容や物事の感じ方が変化しつつあることに
あまり自覚がない人が多いみたいで。
そんな感じでジワジワ・・・と、
老いへの変化がやってくるんだよね〜。
そんな心身の曲がり角のような年頃っていうのが
やっぱりあるんだなぁと感じる。
で、実際その年代になって思うのだけど、
今どきの50代頃って気持ちが若い人も多いため
まだ自分は大丈夫って思い込みやすい気がする。
ゆっくり体の機能が落ちてきて、
どうかすると体の調子も低下してるにも関わらず、
中途半端に若い気持ちの勢いがあるから、
思考力が気づかず落ちていたときは
そのまま意識を低い方に走らせやすく、
人によっては鬱になったり、
獣の意識になったり。

すごく繊細で重要な変化の時期なのに、
世間的には多くの人が軽視してるよね。
だから、自分はまだ心も若くて間違いないので、
完全に老いる前にひと花咲かせられると、
詐欺で騙されたり、エロの深み(笑)に嵌ったり、
急に素人金儲けに走ろうとしたり、
そんな勘違い行動起こしやすいのかも。

もちろん、体力気力が充実している中高年者もいて、
年齢重ねたすべての人に当てはまらないけど、
最近、知人の旦那さんが起こした修羅場で
トラブル回避した話を聞いたのと、
ウチにも金儲け行動に走りかけたヤツがいるから、
微妙な時期の真っ直中にいるんだなと、
困った方向で実感するばかり(汗)

自分の思考力を意識して鍛えていると
年齢とともに精神力が深まるらしい。
逆説的に言えば、そのまんま放置していたら、
体力気力が落ち始めたとき、
同時に思考力も機能低下を起こすはずで、
判断力や精神力も落ち始めると思う。
それなのに、若いつもりのまま、
自分の変化を無視して生きていると
足元をすくわれるってことなんだろう。

だから、若く体力ある時期から、
全体をとらえる思考をくり返し、
心を熟成させていく事が必要なんだろうな。
それを意識して生活しているかどうかで、
先々、体が変わり始めた時期になると、
人間性に大きな差が出てくるというのが、
所謂、50の坂ではないかと思っている。
まぁこれは個人的な見解だけどね。

あらためて、自分はどうだろうかと思う。
いろんなことやるにしても
若いときよりも少しずつ動きが鈍くなってるし、
面倒くささが小さなストレスになったり、
それがまた考えない癖へと悪循環になりそうな
そんな自分を感じたりすることもある。
だからこそ、自分の体の変化と一緒に、
それに伴う意識の変化に注意して、
流されずに生きなけりゃならない段階か。

現在の自分の考え方や生き方が、
10年20年後の自分を作るというけど、
今の私は、未だ変化の途中で、
最後に向かって熟成するのか、腐るのか、
ますます若いとき以上に踏ん張りどころと言えるみたい。
そして、踏ん張ると言っても自分に鞭打つのでなく、
年齢で脆く変化する自分を今までよりも大事にして、
広く思考できるよう、充実した時間を過ごしたい。
そして、楽しい老後を歩む自分になりたいな。

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する