FC2ブログ
01

2016年7月のメッセージ

梅雨の季節真っ最中です。
ここ最近は、東の少雨傾向、西の豪雨と、
ハッキリ地域で分かれていますし、
かといえば、東でもいったん降り出すと
被害が出る勢いの豪雨になるパターンもありそうで、
もっとうまいことバランス良く降っておくれと、
梅雨の空に頼みたくなります。

とはいえ、地球規模で言えば、
これはバランスが崩れていると言うよりも、
何かのバランスを取ろうとして
あのような天候になっているようにも思えます。
自然界で起きることは、繊細でありながらも
動きはダイナミックすぎて、
人には計り知れないことばかりです。
できれば、自然の歪み修正とはいえ、
それに巻き込まれる人が少ないことを
願うばかりです。

*****

それでは、2016年7月のメッセージです。

2016年7月の運勢
ここしばらく月占いで表れたホロスコープは、
停滞や抑制の暗示が強く出ていました。
なんとか前に進もうと頑張っていても、
周囲と壁があるとか、上手く行かないとか、
自分の気持ちにすら足を引っ張られているような、
生きづらい人も多かったのではないでしょうか。

しかし、今月はそこから解放されてひと息つける、
のびのびした空気が出てくるようです。
とくに身内の存在感が良い意味で強くなりますので、
自分を励まし、背を押ししてくれる力になり、
安心して素の自分を表に出せそうな、
前に進めそうな状況が訪れるかもしれません。

ただ、今まで抑制があった反動でしょうか、
素の自分をさらけ出してみれば、
荒れ狂うような自分の内面が表れたり、
抱えていた古い価値観を一新させる勢いで
今までのしがらみから離れたくなるような、
そんな気持ちに驚くこともありそうです。

また、今月は対人関係で起きる事は、
心の鏡になり、大事なメッセージになるでしょう。
自分の内面がよく分からない人は、
周囲の人の言動がヒントになるということで、
もちろん、人から向けられる悪意ですら
今後の自分にとって重要な意味を持ちます。

ただ、人を通して自分の内面を知ることは、
辛く苦しいと感じる人は多いかもしれません。
また、今月は妙に開放感が強まるだけに、
現実逃避しやすくなる傾向もあります。
しかし、見たくない自分を見る苦しさが、
自分次第では、堂々巡りで悩んでいた不安や
悪癖を打ち破る起爆剤になる月でもありますので、
自分を信じ前向きな見方で物事をとらえていくと、
経験が解放に向かう鍵に変わるのではないでしょうか。

*****

セルフ・セラピー・カードの祝福カードから☆

ー 27 ー 手放す (LETTING GO)

  27、手放す (LETTING GO)

【カードの意味】
執着を『手放す』こと。
過去の喪失や欲求を『手放す』こと。
現在の視点を取り戻すこと。
次のステップに向けて積極的に心を開く。

*****

 自分一人で学ぼうとするときに、
一番むずかしいことが許しだしたとしたら、
二番目に難しいのが『手放す』ことです。
もちろん「変わろう」、「なんとか出口を見つけて
成功しよう」という意欲さえあれば、
天の恩恵やハイアーマインドの助けを借りて、
簡単に達成することができますが、
『手放す』ことによって癒されるのは、
執着やしがみつくこと、期待、ストレス、
完璧主義などです。
そのどれもが根底には、物事や、人や、
自分が「こうあるべきだ」という、
あるイメージや要求があります。
そういう要求は、それがあれば欲求が
満たされるだろうという考えです。
しかし、それは常に失望や欲求不満をもたらします。
なぜなら、幸せのためのシナリオがいかに
うまく書かれていたとしても、
要求や欲求では成功しないからなのです。
 欲求があると、手に入れようとしているものを
密かに遠ざけてしまうものです。
そして要求は反発され、抵抗や犠牲を生みます。
シナリオの成功を見極めるには、これまでの人生で
どのくらい自分が幸せだったかを見てみることです。
たいしてうまくいってもいないのに、
なぜそれを人に押し付けようとして期待したり
要求したりするのでしょうか?
 過去を『手放す』と、新しい目標や方向性が現れてきます。
以前に十分満たされていたわけでもないのに。
その過去にしがみついて(過去の人生に戻ることを要求しても)、
とうてい勝ち目はありません。
手放したからといって過去が失われたり、
過去を捨てるわけではないのです。
ただ過去を本来あるべき所に置いておくということです。
そうすることでもう一度今現在を生きることができるのです。
『手放す』ことによって解放されるのは、非難や恨み、
罪悪感、喪失、欲求・そしてすべての執着や
しがみつきの下に隠れている怖れです。
『手放す』ことを選択すると、魅力は復活し、
人生の道が開け進歩します。
そうすれば次の一歩を進むことができ、
新たな可能性やより真実の人生がもたらされるのです。

*****

【このカードが出たら】
 このカードを受け取ったなら、いまだに誰かに
(またはある人のどんな面や特徴に)またはある状況や
過去の出来事にしがみついていることによって、
前に進むことが止まっていないか見直してみましょう。
『手放す』ことを達成するためには、
苦痛の感情が消え去るまで感じきってみましょう。
または、しがみついているものをハイアーマインドに渡して、
手放してもらうことです。
 『手放す』ことによって、過去に失った人やものを
嘆き悲しむプロセスを完了できます。
しがみついていてもうまくいかないと認識したなら、
『手放そう』と選択することがこのプロセスの核心です。
 たとえば、終わってしまった男女関係にしがみついても、
その関係には現在も未来もないのは確実です。
ところが、『手放す』とまた魅力が出てきて、
その関係が修復される可能性があります。
または、より高いレベルでの関係ができる可能性もあります。
このカードを受け取ったなら、自分に何が必要だと
考えているのか認め、成功のためにそれを手放すことが必要です。


*****

九州地方の大雨は半端無いのですが、
地震で傷付いた大地を癒すかのように
集中的と言えるくらい現地に降り注いでいます。
とはいえ、被災地に住む人にとっては、
未だに起きる大地震の余震と、
それに続いて大雨の土砂災害への警戒で、
ずっと気持ちが休まる暇もないほど、
ストレスに晒されているのではないでしょうか。

現地の人達の苦労は計りしれませんが、
これ以上の苦労や災害に見舞われないよう、
今年の梅雨がこのまま穏やかに
収束していくよう祈りたい、と思います。


comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する